Punk,Emo,Power Pop,Hardcore... Newage Punkrock Music Web
>> sitemap
Allstereo
Home > Disc Review

Ozma


Spending Time On The Borderline
Tooth and Nail Records/2002
お気に入り度 ☆☆☆☆
boys night out /
OZMAのオリジナルフルアルバム第2作目(EP集は含まず)です。たぶんコレを手にする人はファーストを手に入れてOZMAの素晴らしさを体感した人だと思います。だってファーストはすごく素晴らしい出来でしたからねぇ。で、このアルバムはファーストと比べてしまうと「んんん?」と思ってしまう程、期待を裏切られた人がほとんどじゃないでしょうか?(笑
前作のキャッチーでPOPな感じが変な方向に行ってしまった…という感が否めません。イイ意味でも悪い意味でも成長したということでしょうか。個人的に前作が気に入ってコレを買ってみようかなって思ってる人はちょっと試聴した方がいいかもしれませんね。僕は試聴なしで買ったんですが、見事にやられました(笑

前述のようにファーストのようなOzmaを期待すると肩透かしを食らってしまいますが、このアルバムは洋楽ファンやRockin'on読者向けのような気がしてなりません。WeezerファンやPower Pop、Pop Punkファン向けじゃないような…。一言で言えば大人向け(笑。

でも最初買った時は「うぁー、これ駄作じゃないか?」と思ったんですけど、なんとなく最近聴いてみたら結構良かったりします。僕も結構趣味が変わってしまったのかなーと思いながら、最近よく聴いてます。好きな人は好き、嫌いな人は嫌いとたぶん好みが別れるであろう一枚です。
ちなみに1曲目が一番オススメ。
日本語盤のみ5曲目の「UTSUKUSHII SHIBUYA」の日本語バージョンを収録。

(01/16/04)
Go To Amazon(Ozma/Spending Time On The Boarderline)

All Rights Reserved (c) Allstereo 2004





































SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー